夜道   
 友達の家で遊んでいたらもう、夕暮れ、早いわ、  
   
 おや、この道は近道のはず、  
   
 もう日が沈みそうだから、近道で帰りを
急ごう。
 
   
 あれえ、もう暗くなってしまった!それにこんなところにお墓があったの?
怖い・・・・・
 
   
 早く通り抜けたいのだけれども、なぜか足が重いよ・・・  
   
「 幽霊さん」
こんばんわ、お嬢さんお困りですか?
「加奈ちゃん」
イー!
 
   
 「加奈ちゃん」
キャー!
「幽霊さん」
エー!そんな!
やめて
 
   
 キャー
「お梅ちゃん」
あの声はなに?
 
   
 「幽霊さん」
もう失礼なんだから、
「加奈ちゃん」
わっわっ、もうだめ、足が動かない、どうしよう、
 
   
 「お梅ちゃん」
どうしたの?

「幽霊さん」
ちょっとひどいのよ、この子ときたら、挨拶しただけなのに驚いて
これなのよ、もーまいってしまう。
「お梅ちゃん」
そうなの、あなたのことこのお姉さんは見えたのね。
 
   
 「幽霊さん」
もう、わたし知らない!あなたこの子のこと後はよろしくね、ちなみにこの子は
迷っている見たいよ。
「お梅ちゃん」
はい、任せてね、
「幽霊さん」
バイバイ
 
   
 「お梅ちゃん」
お姉さん、落ち着いて

「加奈ちゃん」
そうだ、とにかく落ち着け香奈、

「お梅ちゃん」
そう、そうよ、

 
   
 「加奈ちゃん」
さて、このあとはどうしょう?

「お梅ちゃん」
落ち着いて、恐怖に落ちたときは信じる神仏などの神聖な世界を見るの、

「香奈ちゃん」
そうだ、こういつときはお経をとなえるといいのだっけ?でも、
お経なんて知らない、だめだこりゃ

「お梅ちゃん」
お経でなくてもいいの、心で神仏を思い念じるの、そうすると恐怖の境地から
神仏に近づき、恐怖がなくなるの
 
   
 「加奈ちゃん」
そうだ、仏様を思うと救われるかも、

「お梅ちゃん」
そうそう、
 
   
「 加奈ちゃん」
お釈迦様、キリスト様、お釈迦様、キリスト様、氏神様・・・・・・
 
   
 「加奈ちゃん」
なんか、恐怖が薄らいだ気がする・・・・

「お梅ちゃん」
よかったね、
 
 
 
 加奈ー!  
   
 加奈ちゃん」
あれは、お父さん?
 
   
 「加奈ちゃん」
お父さん、お母さん、!

「お父さん」
加奈、おそいのでお母さんと迎えに来たよ、
「お母さん」
加奈、おそかったね心配したわよ、、
 
   
 「加奈ちゃん」
御免なさい、心配かけて、

「お母さん」
それにしても、怖がりの香奈がよく一人でここまで来たね?
「加奈ちゃん」
うん、頑張ったもの、・・・
 
   
 でも、よく考えると不思議なほどね、いつも臆病なわたしが
こんなに頑張れたなんて・・・
 
   
 そういえば、ついさっきまで誰かに手を握ってもらっていた
ような感じがあったような?・・・
 
   
 そんなことないよね、気のせいよね、  
   
 でも、万が一誰か、精霊に導かれて無事にここまで
きたこともあるのかも、?
そんなときのために、一応念のためにお礼を言っておこう!
誰かしらないけれども、ありかとうね
 
   
 バイバイ  
   
Menu Home