本文へジャンプ

蓮の葉物語


本文
 

お梅ちゃん

Top

この新之助親子の里とは時代を生きる
親子の心の内面を描いています。
人はいろいろな内面を持っていると
思います。それを書くならこの親子の
場合はこうかな?といったところです。
It draws the inside in the heart of the living parent and child in the times with the hometown of this Shinnosuke parent and child.
It thinks that the person has a variety of insides.
If writing it, in case of this parent and child, it is places such as Japanese syllabary? so.

火星物語、これは火星に住んでいた
ルルとピピの兄弟の物語です。
火星には昔は生物が住んでいた可能性
があるかも?という夢物語のつもりで
書いてます。
The Martian tale, this are the tale of Lulu who lived in Mars and the brother of ピピ.
Before, it is writing in Mars, intending to be an account of the dream, duck? which has the possibility that the life lived in.

トップペ-ジへ

火星物語The tale in Mars

この物語は座敷わらしのお梅という
子を書いています。昔より座敷わらしを
見ると出世するとかなんとか言われて
いますので架空でもそのチャンスを
皆様にと考えました。しかし、今では
幼い子供が亡くなっても迷子にならない
ことを考えて書いてます。

When Japan sees Zashikiwarashi wraith " the soul of the young child "
It seems that there is a promoted and said inn, too.
We ask and it is writing that it isn't missing even if the young child sometimes passes away because it was so.

新之助親子の里

この物語は壊れるともろい家族の姿をタッチャンという少年を通して書きました。
This tale wrote through the boy who calls the appearance of the fragile family タッチャン when it broke.

この物語は福の神と貧乏神を書いてます。福の神、貧乏神はともに
諸説がありますが、この物語では
単純に福の神の親しむところに福が舞い込み、貧乏神の舞い込むところに貧しさが訪れるという発想から考えています。

This tale represents the deity of poverty as the God of Wealth.
There are various views together but they are thinking of the God of Wealth, the deity of poverty from the idea that the poorness comes to the place where Fuku comes in unexpectedly in the place where the God of Wealth is fond simply in this tale and the deity of poverty comes in unexpectedly.

ブログへ

地球という本
The book which is called the earth

それぞれの物語の世界をご覧ください

福の神と貧乏神の
物語

タッチャン物語

See the world of each tale.

.

香奈ちゃんのひとり言
この物語は一人の女の子の
目を通して見る世間観を
書いてます。
This tale is writing the world view to see through the eyes of one girl.